お知らせ

首都圏における持続的なレジリエンスの向上に向けて

首都圏における持続的なレジリエンスの向上に向けて

文部科学省 国立研究開発法人防災科学技術研究所主催

https://forr.bosai.go.jp/

 

21世紀前半に予想される南海トラフ巨大地震などの国難災害、その国家的な危機を乗り越えるために、この国の防災はどうあるべきでしょうか。残念ながら、ハザード(自然現象)そのものは制御することができません。しかし、その振る舞いを予測することも、防災力を向上させることも可能です。大切なのは、それらをバラバラに行うのではなく、災害をしなやかに乗り切る力「レジリエンス」という概念のもと、総合的に進めていくことです。

 

防災科学技術研究所(以下、防災科研)は、「防災科学技術を向上させることで災害に強い社会を実現する」という基本目標のもと、幅広い研究を推進しています。ここでいう防災科学技術とは、何が起きるかをしっかり理解して予測し、災害を未然に防止し、被害の拡大を食い止め、災害からの復旧・復興を実現する科学技術を指します。

 

防災で最も大切なのは、一人ひとりの自助力を上げることだと考えています。災害に対して正しい認識を持った上で、必要な備えをしておくこと、万が一災害が起きても、めげずに苦境を乗り越えていく力を持っておくことが大切なのです。政府や自治体を中心とした公助には限界があるので、顔見知りが助け合う互助、見知らぬ者同士も助け合う共助も考えていかなければなりません。共助の中でも、防災科研が特に注目しているのが企業の力です。物流やエネルギーなどの企業の事業継続性が高まれば地域も強くなります。そうした企業のレジリエンスを助ける仕組みづくりも防災科研の取組の一つです。

 

3月23日水曜日14:00~17:35

YouTube  live 中継

https://www.youtube.com/c/DEKATSU

 

NPO法人防災用品アドバイザー協会は「命を守る備え」をすすめております。

痕跡調査で浮かぶ「スーパーサイクル」 “超”巨大地震の周期

痕跡調査で浮かぶ「スーパーサイクル」 “超”巨大地震の周期

https://www3.nhk.or.jp/news/special/saigai/select-news/20210311_01.html

東日本大震災の発生で、地震や津波の想定は大きな見直しを迫られました。

過去の痕跡の調査から浮かび上がってきたのは、数十年から100年単位で起きる

大地震の周期とは別に、広域に甚大な被害をもたらす“超”巨大地震ともいえる地震が

数百年単位で起きる、「スーパーサイクル」という周期の存在です。

この10年の研究で、日本の沿岸の各地に「スーパーサイクル」が存在し、

しかも、発生が切迫しているおそれのある場所も見えてきています。

 

「正しく恐れる」ことが防災の基本です。

「天災は忘れたころにやって来る。」

NPO法人防災用品アドバイザー協会は「命を守る備え」をすすめております。

「地震について」国土交通省 気象庁

「地震について」

国土交通省 気象庁

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq7.html#:~:text=8.6-,%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E4%B8%80%E7%95%AA%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E3%81%AE%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%81%AF%E4%BD%95,%EF%BC%88Mw9.0%EF%BC%89%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

 

地震調査研究推進本部

https://www.jishin.go.jp/evaluation/long_term_evaluation/

 

全国地震動予測地図

https://www.jishin.go.jp/evaluation/seismic_hazard_map/shm_report/

 

「正しく恐れる」ことが防災の基本です。

「天災は忘れたころにやって来る。」

NPO法人防災用品アドバイザー協会は「命を守る備え」をすすめております。

木密10年プロジェクト

木密10年プロジェクト

http://www.jushikyo.jp/doc/zenkoku2012/06.pdf

2011年3月11日東日本大震災発生

2011年11月東京都防災対応指針策定

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/368/231125bousaitaiouhonsatu.pdf

 2012年1月「木密10年プロジェクト」実施方針発表

 石原都知事は東日本大震災後、直ちに首都直下地震への備えを進め、

 関東大震災の教訓を踏まえた「木密10年プロジェクト」をすすめました。

 

しかし、10年経過しても木密の解消は100%までにはなっておりません。

首都直下地震の想定は30年以内70%と発表されてから10年経過しております。

本来なら20年以内70%と短縮されるのかと思いますが・・・・・

 

今こそ、「木密10年プロジェクト」をすすめなくては関東大震災の二の舞になると

危惧しております。

 

【2月22日開催】オンラインシンポ 

「道路から考える新時代の防災・減災」フォーラム 参加者募集

首都直下地震等の地震災害や、異常気象による風水害や雪害、新型コロナウイルスの蔓延などの大規模な災害は市民生活に大きな影響を及ぼします。もしもの時、円滑な道路防災・減災を確実に可能とする環境づくりはとても大切なこと。この機会に一緒に考えてみませんか。

 

道路から考える新時代の防災・減災フォーラム ~激甚化する自然災害に備えて~

 

主催:読売新聞社 後援:国土交通省関東地方整備局

日時:2022年2月22日(火) 13時30分~15時30分 オンライン配信

https://yomipo.yomiuri.co.jp/present/detail/5578

 

道路は「避難をする」ためだけでなく、「救援」や「復旧」するためにも重要です。

さらに「復興」するためにも、がれきの撤去から「応急施設建設」など道路は

最重要なインフラです。

NPO法人防災用品アドバイザー協会は、「命を守る道路」の普及・啓発をすすめております。

低濃度PCB廃棄物処理のワンストップサービス

■低濃度PCB廃棄物処理のワンストップサービス

URL:https://www.j-profix.co.jp/PCB/

 

大型トランス、コンデンサ等、PCB廃棄物の最終処理に向けて

スムーズに搬出から処理までを進められるよう当社が全面的にサポートいたします。

 

・処理費用を少しでも抑えたい

・電気機器にPCBが使用されているか分からない

・保管状況を実際に見てほしい

・相見積を依頼したい

 

こんなお悩みを、当社で解決いたします!

お困りのことがございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社日本プロフィックス・エンジニアリング

環境ソリューション部

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-4-5 北の丸グラスゲート6階A

TEL:03-3221-1116 FAX:03-3222-4798

Email:pcb@j-profix.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NPO法人防災用品アドバイザー協会 認定業者